FC2ブログ

2014 081234567891011121314151617181920212223242526272829302014 10







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『マルティニークからの祈り』



韓国映画って、あんまり…というより全然見ないんだけど、

こちらの作品は気になったので鑑賞

麻薬密輸の罪で異国の地にとばされた女性を描いている。実体験の映画化というからびっくり


それにしても…なんだろぅ、

『惜しいっ!』

って感じ!(×_×;)

偉そうなこと言えないし、

基本わたしは良いところを知って感動したい人なんだけど、

この作品も悪くはないはず

なのに、

『どーしてこうなった…』と感じるのは、
(『こう』というのはつまり、イマイチだったってこと)

なぜドラマ仕立てにしちゃったの…

ってところかなぁ(´д`|||)

母親と娘の(冒頭の別れる前と、結末の再会の)場面や、
監獄中の過酷さは、心揺さぶられるものがありました(´;ω;)

主役を演じた チョン・ドヨン は、

日本の女優さん、深津絵里に何となく似てて(え?似てない…?!)、

深津絵里は私の好きな女優さんだけに、よけいチョン・ドヨンも好感が持てる☆(笑)

ただし

おぃ、その夫!!
もとはといえばお前が悪い(*`Д´)

最後まで頼りないダメダメだし、

被害者ぶりやがって(まぁ確かに被害者なんだけども)

さらに輪をかけてダメダメダメダメダメダメ・・・∞なのが、

異国の地、フランスの海外領マルティニークの韓国領事館のお役人さん!これはヒドすぎる…

ただ、監督が皮肉を込めて、ある意味で滑稽に描いたことで、

作品のバランスが崩れたというか、異質になってしまった

それ以外にも、インターネットを通じて救援の輪が広がっていくところは、

それが事実のことだとしても、

世界まる見え!に出てくる再現ドラマにしか見えない

それらネットからの袋叩き(`Δ´)にあっておきながら、
異動だけで済まされちゃうお役人にも反感


当事者の立場だけを追っていれば、俳優陣の演技(とくにフランス人看守はマジでこわぃ)で持っていけたものの、

そこに余計な外部(領事館の怠慢なお役所仕事ぶりだったり、ネットワークによるお涙頂戴エピソードだったり)
を下手に盛り込んでしまったせいで、見ていて冷めてしまう。

きっとハリウッドならもっと別な、ドキドキサスペンスにしただろうけど、

そこまで言わずとも、もっとハラハラしたかったな…
(´д`|||)
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。