FC2ブログ

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ジゴロ・イン・ニューヨーク』

本日鑑賞した作品はこちら



何がオシャレって、映画の隅々までがシャレ乙♪


ところで、ジゴロってなに??

と疑問に思い、調べたのは

映画『真夜中のカーボーイ』を見たときでした☆

こちらの主演の “ダスティン・ホフマン” は私の好きな俳優さんだし、

もう一人の主人公を演じた “ジョン・ボイド” は、

いま絶賛公開中の『マレフィセント』に出演の、ブラピの嫁、 “アンジェリーナ・ジョリー” のお父さんです!


んで、ジゴロとは

ジゴロ(仏: gigolo)とは、女から金を得て生きてい る男(女から金を巻き上げて生活する男 、女にた かって生活する男、女から巧みに援助を得る男な ど)のことをいう。ヒモ  、男妾 など、また男 娼、「つばめ」、「スケコマシ」などが類義語に当 たる。
(Wikipediaより)


主演、脚本、監督の “ジョン・タトゥーロ” のセンスが素敵(〃∇〃)

画面の端々に撮された小粋な演出がニクい(笑)

たとえば、

最初に話を持ちかけてきたセレブの部屋にかけられた絵とか装飾品(人物画だったり虎の絵だったり、仮面像だったり。常に誰かに見られているよぅな居心地の悪さよ→( ´△` (笑))や、

無邪気にハシャぐ子供や、

カット割り、などなど☆

ストーリーとは別に、そういうところに注目してみても面白い映画です(*´∇`*)

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suehiro0224.blog60.fc2.com/tb.php/142-e5729af5






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。